ベル食品工業株式会社 本物の味を追求する信頼のブランド

会社概要ベル食品工業

会社概要

罫線1ベル食品工業株式会社罫線1

社   名 ベル食品工業株式会社
本社所在地 〒538-0053 大阪市鶴見区鶴見1-6-117
TEL 06(6912)7177 代表
MAIL homepage@bellsyokuhin.co.jp
資 本 金 3,600万円
設   立 昭和44年5月
事 業 所
本社・工場
〒538-0053 大阪市鶴見区鶴見1-6-117
TEL 06(6912)7177 代表
MAIL homepage@bellsyokuhin.co.jp
東京支店
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-4-9 松苗ビル5F
TEL 03(3233)3451 代表
名古屋営業所
〒480-1143
愛知県長久手市井堀208番地 エクセル川本パートII
TEL 0561(64)5080
福岡出張所
〒814-0174 福岡市早良区田隈2丁目25-7-303
TEL 092(834)4159
営業品目 調理缶詰・レトルトパウチ
惣菜缶詰・レトルトパウチ
素材缶詰・レトルトパウチ
香辛調味料  調味油類
営業許可 かん詰又は、びん詰食品製造業
そうざい製造業 ソース類製造業
食用油脂製造業
主要取引銀行 三菱UFJ銀行 放出支店
みずほ銀行 今里支店
加入団体 公益社団法人 日本缶詰びん詰レトルト食品協会
公益社団法人 大阪食品衛生協会

罫線1代表挨拶罫線1

「皆がワクワクできる会社」を目指して

スーパーマーケットに並んでいるレトルトカレーの裏面を観てください。
「製造所:ベル食品工業株式会社」と記載されている商品の多さに驚かれると思います。

日本で一番多くの種類のプライベートブランドカレーを製造していると言っても過言ではありません。
大阪市鶴見区にある売上高二十数億、従業員数100名程度の会社ですが、1950年ベル食品工業の前身である「ベル製菓」を設立した森田清市氏が、 同年に日本で最初に現在の固形カレールウ「ベルカレールウ」の開発に成功したと言われています(諸説ありますが)。
そこから数えて70年以上の歴史のある会社でもあるんです。

そして、この長い歴史で培われた様々な技術が、日本で一番多くの種類のプライベートブランドカレーを支えているのです。 それだけではありません、創立から50年以上の間、ベル食品工業も変化してきました。

そして、この先も変わっていかなければなりません。では、今後のベル食品工業をどう築いていくのか。 そこで忘れてはいけないのが「日本で最初に固形カレールウを創った」会社がルーツである事です。

そこには、新しい事にチャレンジするという「フロンティア精神」が根底にあるはずです。
他の人がやっていない事をするという「ワクワク感」もあると思います。
新しい事にチャレンジするという事は、商品開発だけではなく、営業、製造を含むすべての業務に共通します。 固定観念にとらわれず、否定しない、まずはやってみる。

会社全体がそういう方向に進んだ時にはじめて、「皆がワクワクできる会社」になれるのかもしれません。 一日も早くそういう会社になれるように頑張っていきたいと思います。

ベルカレールウ缶

代表取締役 中井 威

罫線2沿革罫線2

昭和25年 4月 森田清市 ベル製菓を設立
固形カレールウの開発に成功
昭和27年 4月 創業、ベルカレールウ・トマトルウ発売。
昭和44年 5月 ベル食品工業株式会社を設立、大阪市城東区野江西之町2丁目17
ベルビーフカレー、ミートソース、ビーフシチュー、調理缶詰を発売
初代社長 柏山 長太郎 就任
昭和46年 10月 現在の大阪市鶴見区鶴見1丁目6-117に移転
昭和60年 7月 レトルトパウチ新工場完成
昭和64年 1月 2代目社長 植田 末廣 就任
平成元年 9月 新工場完成
平成3年 4月 レギュラー(RG)シリーズ発売
平成5年 5月 デラックス(DX)シリーズ発売
平成 5年10月 社団法人 日本食品衛生協会 会長表彰受賞
平成 6年10月 厚生大臣表彰受賞
平成14年 7月 食用油脂製造業 営業許可取得
平成26年 8月 「電子レンジ調理レトルトパウチ食品」
公益社団法人 日本包装技術協会 食品包装部門賞 受賞
平成30年 11月 3代目社長 中井 威 就任

罫線2経営理念罫線2

常に品質を向上させ、お客様の満足のいく商品をお届けする。
1人1人の可能性を信じ、共に学び、共に成長し、お客様と共に幸せになります。

行動方針

  • 規律遵守人格を高め、社会ルールや業務上の取り決めなどの規則を守ります。
  • 思いやりの精神相手を思いやり、信頼し、尊敬する気持ちを忘れません。相手に対して一歩譲る謙虚な気持ちを持って行動します。
  • 感謝小さなことに感謝できること、感動できる人は人を幸せにします。小さなことにも感謝できる感性を持ち、豊かな人間になるよう努めます。
  • 挑戦問題点に気づけば自ら問題解決にあたり、常に現状に満足することなく業務の革新を図ります。環境の変化はチャンスと捉え、 新しいこと、困難なことに積極的にチャレンジしていきます。
  • 成長1歩でもいい、半歩でもいい。昨日の自分を越える為、成長、学び続けます。
  • 誠実な気持ち誠実かつ正直であり続けます。

ベル食品工業株式会社

罫線3工場主要設備罫線3

安全で新鮮な「おいしさ」をお届けします。
プロが認める質の高さが自慢です。

  • クッカーミキサークッカーミキサー
  • クッカーミキサー自動包装充填機
  • クッカーミキサー仕込み用ステージ
  • クッカーミキサー研究用殺菌装置
  • クッカーミキサーカートニングマシン(横型)
  • クッカーミキサー静置式殺菌装置
  • ステンレス製クッカーミキサー 22基
  • ステンレス製二重釜等煮釜 4基
  • ルウ焙煎(平釜) 2基
  • ルウ焙煎(ニーダー) 2基
  • ソテー用直火式大型プレート 1基
  • 肉焼(ニーダー) 1基
  • コミトロール 2基
  • 自動充填包装機(レトルトパウチ) 5基
  • 静置式殺菌装置 7基
  • 研究用殺菌装置 2基
  • 貫流ボイラー 4基
  • カートニングマシン(縦型) 1基
  • カートニングマシン(横型) 2基
  • X線異物検出装置 7基
  • ステンレス製野菜炒機 2基
  • ラッピングマシン 2基
  • クリーンカップスケール 2基
  •  

罫線1受賞歴罫線1

  • 平成6年10月21日 食品衛生優良施設として厚生大臣表彰を受賞しました。
  • 平成24年11月29日 優良申告法人として城東税務署より表敬を受けました。
  • 平成26年8月27日 公益社団法人 日本包装技術協会より「電子レンジ調理レトルトカレー」が食品包装部門賞に選ばれました。
受賞歴 受賞歴 受賞歴 受賞歴

罫線2アクセス罫線2

map

お車でお越しの場合
大阪内環状線の寝屋川大橋北詰交差点を東に入り、一つ目の信号を越えた左側。
交通機関をご利用の場合
地下鉄 長堀鶴見緑地線「今福鶴見駅」より、南へ徒歩約15分。
JR学研都市線「放出駅」より、北へ徒歩約15分。

罫線3ギャラリー ベルの風景罫線3

社員全員の力で、ベル食品工業のレトルトカレーは生まれています。
(クリックすると拡大します)